メニュー

どのような借金問題であっても自己破産をすれば解決可能です

カードローンによる借金に注意しよう

最近の日本では自己破産をする人が増えていると言われています。借金が膨らんでしまうことで自己破産を行うことになるわけですが、その原因としては消費者金融のカードローンを利用するものが多いと考えられます。カードローンは正社員ではなくても借り入れができるようになっており、消費者金融によっては主婦や学生であっても利用できるために、借金をする上で敷居が低くなっていると言えます。消費者金融から借り入れをしたときに、返済ができなくなってしまうと時間の経過と共に利息の支払いが増えるために注意しておく必要があります。

収入が無いときは自己破産をしよう

毎日の返済が滞ってしまうことや、収入がないとき、または収入があっても毎月支払っていくことが苦しいときには早めに弁護士に相談することが、良い解決策のアドバイスを受ける方法となります。弁護士は社会問題だけではなく、借金問題について相談を受け付けていますので、自分では返済が無理だと感じたときにはすぐに相談するようにしましょう。収入がある場合であれば任意整理などの債務整理の方法を提案してもらうことが可能ですが、収入がなければ自己破産を行うことになります。

自己破産は国が用意している制度です

自己破産というとハードルが高い制度と思いがちですが、国が用意している制度ということで弁護士に相談することで、裁判所に申し立てを行いやすくなります。裁判所の判断によって借金の返済能力が無いことが認められると、抱えている全ての借金の返済をしなくても良くなりますのでメリットが大きい点が自己破産の魅力です。住宅や自動車などを持ち続けることはできませんが、全ての借金を支払わなくても良くなりますので、人生を再建できる制度と言えます。

自己破産のメリットは、なんといっても債務が全て帳消しされることに尽きます。また、裁判所に申立てた時点で過酷な取り立てがストップするので、すぐに精神的な圧迫からも解放されます。