メニュー

生涯学習の一環として活躍している通信制大学でも通学は必要ってホント!?

卒業を目指すならスクーリングは必要です

通信制大学として自宅で学習を続けて行く中で地道なレポート学習を続けることは大変です。スクーリングと呼ばれる実際に大学へ短期間通学して単位を取得する方法が併用されていることが多いです。卒業を目指す本科生であれば、スクーリングに参加出来る環境にあることが大学選びの基準となるので、通信制大学を選ぶ際の参考にすると良いでしょう。自分で好きな科目のみを履修したい場合には、科目履修生を多くの大学で受け入れています。目的に合わせて選択すると良いでしょう。

通信制大学の環境は変わりつつあります

ブロードバンド回線が普及したことにより、スクーリングが必須であった授業も大半がリアルタイムに各家庭と結べるようになったことから、オンライン授業が導入されつつあります。双方向通信に対応した環境が整っている場合には、スクーリングが必須ではなくなり自宅の位置に関係なく通信制大学で学ぶことが可能となりました。以前からあるテレビやラジオを使った方法では、一方通行の学習のみでしたから、双方向通信を行うことでゼミの形式を取ることも可能となったことは大きいです。以前はスクーリング必須としていた大学も、オンライン授業を双方向通信を利用して行えれば問題ないという認識に変わっています。

卒業率は大学により異なります

通信制大学の特徴として、通学が必須となる通常の大学よりも学費が安く済むメリットがあります。確かに一部の大学では4年間で450万円近くかかる大学もありますが、年間20万円以内で学習可能な所を選べば安い費用で初められることとなり門戸が広がります。しかし、卒業にまで辿り着ける割合は半分を超える大学は多数ではなく、卒業率が50%以下の大学が多く目立ちます。孤独な学習環境を改善するために低学年段階でスクーリングを導入している大学は、大学生同士の交流を深める取り組みを行っており、卒業率が高い傾向があるでしょう。

通信制大学のメリットは、スクーリング以外は通学の必要がなく、卒業要件を満たせば正規の学位が授与されることです。その反面試験や課題は難しいことが多く、自己管理ができないと脱落することも少なくありません。

更新情報
サイトにアクセス