メニュー

高校の卒業資格を取るうえでの選択肢は増えた

ひと昔前の状況は厳しかった

高校卒業資格を必要とする仕事は多く、その資格はぜひ取っておきたいところですが、ひと昔前は、高校入試で高校に入り、その高校を卒業するしか、事実上、道はありませんでした。ですから高校中退はおおごとで、高校側も、むやみに留年させたり退学させたりはしない傾向にありました。高校を中退したら、編入という選択肢があることはほとんど知られていませんでしたし、編入を受け入れるところもわずかで、大検という道しかないのが実情でした。

大検は廃止されて認定試験になったが

大検には初期の頃、体育の実技などもあり、老人がそのために何度も不合格になるなどの状況がありました。筆記試験も普通に高校を卒業するのに比べてなぜか理不尽に難しく、相当な秀才が猛勉強してやっと合格できるようなレベルでした。現在は大検は廃止され、高等学校卒業程度認定試験に変わり、難易度は妥当なレベルに下がりましたが、範囲が高校3年分なので、普通に高校を卒業するほうがずっと楽ですね。企業の中には、認定試験合格を高校卒業資格と認めないところもあります。

中退したら通信制高校へ

現在は、通信制高校の数が増え、高校を中退したら、卒業に必要な単位を通信制高校で補い、卒業するのが当たり前のようになっています。通学制の高校側も、通信制高校のシステムがうまく機能しているため、以前よりもあっさりと生徒を留年させたり、退学させたりするようになっています。退学する生徒には、通信制高校を案内するようです。生徒側も、留年するより通信制高校に入ったほうが、むしろ早く卒業できることもあるため、以前よりは中退を悲観することもないようです。

高校卒業資格の取得を目指している時は、通信制の講座が最適です。合理的なカリキュラムですから、確実に知識を身につけられます。