メニュー

プロによる資産運用が可能な近年注目のファンドラップ

各金融機関がこぞってプロモーションを開始

ここ数年各金融機関による新たなサービスとしてファンドラップが高い人気を集めており、各金融機関がこぞって利用者を集める様になりました。そんなファンドラップとは金融機関のプロのファンドが、投資家の資産を預かり、資産運用を変わりにしてくれるサービスの事です。一つの投資先に限定せず、様々な投資先を選定し、目的に合わせたポートフォリオを作成してくれますので、投資をよく知らない人にも人気のサービスとなっています。

ポートフォリオ形成のコツ

そんなファンドラップを活用する際には、まず投資家の投資目的を聞かれる事がでしょう。短期的な投資なのか、長期的な投資なのか、もしくは大きなリターンを希望するのか、安定的な投資を希望するのかといった点は非常に重要です。この目的に合わせて投資先を選定し、投資対象となる商品を選定していく事になります。ポートフォリオをは時に見直す事もあり、定期的な入れ替えや資産配分の変更を行いながら進める事で、修正をしながら進める事が出来るでしょう。

投資先になり得る投資商品とは

投資先としてまずは株式が浮かびますが、投資信託、債券、そして中には不動産投資もポートフォリオに組み込む事が出来るファンドもあります。そのため、一つの投資先に偏る事なく資産運用が可能となっているため、資産配分も可能でしょう。リスクを分散する事で、一つの投資商品に依存しないポートフォリオの形成が可能となっていますので、安心してプロに任せる事が出来るでしょう。投資をプロの任せたい場合は是非ファンドラップを検討してみてはいかがでしょうか。

投資とファンドの選び方にこだわるにあたり、仲介手数料の高さや投資の実績の良しあしを比較することが必要となります。